財務

NO.127~「勿体ない」経営から「儲かる」経営へ~中小企業経営者のための会計と財務の基礎知識(その3)

企業に求められる成果は「利益をあげたか、お金を増やしたか」に集約されます。成果をあげるために必要な経営上の判断基準となる重要な会計資料が貸借対照表と損益計算書といった財務諸表なのです。今回は貸借対照表と損益計算書について解説します。
財務

NO.126~「勿体ない」経営から「儲かる」経営へ~中小企業経営者のための会計と財務の基礎知識(その2)

経営者が儲かる経営をするためには簿記の基本的な知識が必要です。それは決算書作成に必要な簿記の知識やスキルではありません。必要なのは財務諸表を正しく読み解くための簿記の基本的なルールを身につけることです。簿記の基本的なルール等について解説します。
財務

NO.125~「勿体ない」経営から「儲かる」経営へ~中小企業経営者のための会計と財務の基礎知識(その1)

中小企業を取り巻く経営環境の変化に合わせた経営スタイルへのシフトチェンジが必要になりました。「売上至上主義」の昭和の経営スタイルから「利益(数字)やお金を重視」した令和のニューノーマルな経営スタイルにスピード感を持って変化することです。
コラム

第124回 リニューアル記念番外編 65歳からの「生き方」と「逝き方」計画

歳を重ねるに連れて第一線でバリバリ経営に関わることは難しくなっていきます。これまでの知識やノウハウを提供し元気のある中小企業を育てることも社会貢献。『65歳からの「生き方」と「逝き方」計画』を策定してできることに全力で挑戦してみます。
財務

第123回 数字やお金に強い経営者になる④会計と財務の力

多くの中小企業経営者は、会計、財務に強いアレルギー反応があります。その理由は業務内容の理解が不十分だからです。財務は経営戦略、会計は成果報告に分類されます。会計や財務は、本来経営者がワクワク感を持って取り組むべき戦略実行のベースなのです。
財務

第122回 数字やお金に強い経営者になる③「収益構造の分析」

収益構造とは儲かる仕組みのことです。費用を変動費と固定費に分解し、自社の収益構造を分析することで、効率的かつ効果的な利益を増やすための仕組みを構築することができます。収益構造の分析の方法についてお伝えします。
財務

第121回 数字やお金に強い経営者になる②「キャッシュ・フローを軸にした貸借対照表の改善」

中小企業が抱える財務上の問題の本質は、過剰債務と資本不足によるB/Sのバランスの歪みです。その解決に大切なのは、手許の現預金の増加と借入金の減少です。そのためには経営者が数字に強くなり、毎月必ず財務諸表の数字に目を通す習慣を身につけることです。
財務

第116回 数字やお金に強い経営者になる①「バランスのとれた貸借対照表とは」

貸借対照表は「倒産する心配はないか、資金繰りは回っているか」を確認するための財務諸表です。 貸借対照表の勘定科目間のバランスを確認することで、倒産の危険性や資金繰りの安定性を把握することができます。そのポイントをお伝えします。
中小企業経営

第114回 ゼロ・ゼロ融資先の倒産増加~その傾向と対策~

足元で、ゼロ・ゼロ融資先の倒産が増加しています。ゼロ・ゼロ融資の功罪や倒産動向を確認しながら、倒産を回避するための対策について、政府や金融機関、そして経営者の立場から検討してみます。
組織・組織運営

第113回 古典的経営組織論に学ぶ!強い組織の作り方

アメリカの実務家兼経営学者チェスター・アーヴィング・バーナードが、1938年に刊行した主著『経営者の役割』に書いている組織の定義や組織成立の3要素「伝達」「意欲」「目的」を参考にしながら、強い組織の作り方を考えてみます。