資金繰り

第89回 【2000字commentary】コロナ借換保証~民間ゼロゼロ融資等の返済負担軽減のための保証制度~

今回創設されるコロナ融資の借換保証制度は、返済負担軽減のみならず、新たな資金需要がある場合にも活用可能です。一定の要件を満たした中小企業者が、金融機関との対話を通じて「経営行動計画書」を作成したうえで、金融機関による継続的な伴走支援を受けることを条件に、借入時の信用保証料を大幅に引き下げる制度で、2023年1月10日より開始となります。
中小企業経営

第88回 「数字とお金を判断基準に!」経営基盤を固めることの重要性(その3)

強固な財務体質とは、企業が安定的に推移するための「資金繰り力」を意味していると捉われがちですが、そうではありません。重要なのは、強固な財務基盤体質を維持し続ける自己資本の充実が大切なのです。自己資本の充実に向けた高収益体質のビジネスモデルの構築が最重要課題です。
中小企業経営

第87回 「100年企業を目指せ!」経営基盤を固めることの重要性(その2)

企業が継続的に成長していくためには、事業活動の範囲を設定し、自社の強みを活かした経営資源を集中して投資することが必要です。業務プロセスに課題があると、人や時間当たりの生産性が低下したり、事業の期待利益を確保出来なくなったりして、企業の存続にも影響します。 業務基盤を確立することは、この業務プロセスの見直しを行い、利益最大化を目指して「効率化によるさらなる利益の最大化」「業務の標準化による業務プロセスの最適化」「各業務で懸念されるリスクの回避」を図ることです。
中小企業経営

第86回 「仕組みで動く!」経営基盤を固めることの重要性(その1)

我々を取り巻く経済環境や経営環境が目まぐるしく変化し、先行きの予測が困難な現代社会を表した言葉です。こうした時代を生き抜くためには、やはり「経営基盤の強化」が必要だと思います。① 組織基盤、② 事業基盤、③ 業務基盤、④ 財務基盤が重要な構成要素です。
スキルアップ

第84回 【2000字commentary】経営上求められる「集中」とは

企業の業績をあげたり、生産性を向上したり、経営する上で重要なキーワードの1つが「集中」だと思っています。ドラッカーの教えをもとに「集中すること」の重要性を考えてみます。
スキルアップ

第81回 能力開発の方程式:能力=知識×スキル×モチベーション

能力向上を図るためには、知識、スキル、モチベーションの3つの要素が重要です。幸せな人生を送ること、企業経営をうまく進めていくこと、人財を育成すること、自分自身を成長させること・・・いずれにしても基本は、その心の持ちよう、考え方だと思います。
スキルアップ

第80回 【2000字commentary】人財育成

人は7割を「仕事上の経験」、2割を「上司や先輩からの助言やフィードバック」、残りの1割を「研修などのトレーニング」から学ぶと言われています。 仕事上の経験が学びの7割を占めていることから、経験させて学ばせることが人材育成の肝であり、部下の成長につながることは間違いありません。 「仕事の割り振り方」「仕事の任せ方」について考えてみます。
スキルアップ

第79回 「ほうれんそう」に「おひたし」~ビジネスマナー語呂合わせ~

報連相はビジネスの基本ですが、報連相が主流だった時代のビジネスが大きく変化し、ビジネスの多様化によって変化のスピードも早くなったため、なかなかマニュアル化が難しくなりました。報連相に代わるビジネスマナー用語の語呂合わせを集めてみました。
財務

第76回 【2000字commentary】バランスシート経営の重要性

持続可能な経営をするうえでは、損益よりも収支の方がはるかに重要なのです。だから、事業計画書に期末現預金残高の目標数値を入れるべきだと思っています。 勿論、売上を増やして、利益を増やすことは大切ですが、期末に現預金がいくら残ったのか、前期よりも増えたのかの方がもっと重要ということです。
中小企業経営

第73回 【2000字commentary】事業計画に魂を入れよう!

不測事態、想定外の事象が発生する確率が高まっている現代の経営環境では、将来のあるべき姿、目指すべきゴールに向けて、より具体的な行動計画を5W1Hで策定し、小刻みにモニタリングし、見直しをかけながら進めていくことが環境変化に即応できる「強い組織」に繋がるのです。