中小企業経営

中小企業経営

第97回 ~日本的経営を見直そう-人手不足時代の経営~人を大切にする経営(その2)

日本的経営は、長期的な視点に立って人を大切にするという、日本社会の価値観を反映した経営の考え方です。 これらの慣習が持つメリットは、日本経済の発展を支えてきた企業経営のベースであり、普遍的な価値を持っていると考えます。現代社会においても、日本的経営の本質的な価値を今一度、見直してみることも必要なことだと思います。
中小企業経営

第95回 儲かる企業の「経営センス」

今日のような変化の激しい時代で生き残るための最低条件は「スピード」です。未来に目を向け仮説を持ちながら主体的に動き、スピーディに意思決定できる企業が今後は生き残っていきます。VUCA時代にも生き残れる強い企業になるには、経営者や経営幹部が「経営センス」を身につけブラッシュアップすることが必要なのです。
中小企業経営

第93回 ~「合理と情理」そして「自利利他の精神」~人を大切にする経営(その1)

経営者が持続可能な企業として経営を続けていくためには、合理的な判断、意思決定が最も重要なことですが、表裏一体で人の心の動きや感情にも配慮する「情理」も大切だと思います。 「合理」と「情理」の匙加減、そして「自利利他の精神」、それが「人に寄り添う心の経営」の第1歩だと確信しています。
中小企業経営

第91回 経営戦略と事業計画~事業計画が「絵に描いた餅」にならないために~

事業計画が実行されるには「経営理念」「経営戦略」「経営計画」等による企業としての方針や方向性が明確になっており、経営者をはじめ、経営幹部そして現場スタッフにまで浸透していることが大前提になるのです。
中小企業経営

第88回 「数字とお金を判断基準に!」経営基盤を固めることの重要性(その3)

強固な財務体質とは、企業が安定的に推移するための「資金繰り力」を意味していると捉われがちですが、そうではありません。重要なのは、強固な財務基盤体質を維持し続ける自己資本の充実が大切なのです。自己資本の充実に向けた高収益体質のビジネスモデルの構築が最重要課題です。
中小企業経営

第87回 「100年企業を目指せ!」経営基盤を固めることの重要性(その2)

企業が継続的に成長していくためには、事業活動の範囲を設定し、自社の強みを活かした経営資源を集中して投資することが必要です。業務プロセスに課題があると、人や時間当たりの生産性が低下したり、事業の期待利益を確保出来なくなったりして、企業の存続にも影響します。 業務基盤を確立することは、この業務プロセスの見直しを行い、利益最大化を目指して「効率化によるさらなる利益の最大化」「業務の標準化による業務プロセスの最適化」「各業務で懸念されるリスクの回避」を図ることです。
中小企業経営

第86回 「仕組みで動く!」経営基盤を固めることの重要性(その1)

我々を取り巻く経済環境や経営環境が目まぐるしく変化し、先行きの予測が困難な現代社会を表した言葉です。こうした時代を生き抜くためには、やはり「経営基盤の強化」が必要だと思います。① 組織基盤、② 事業基盤、③ 業務基盤、④ 財務基盤が重要な構成要素です。
中小企業経営

第77回 生産性向上を目指す組織づくり~強い組織を見える化する~

生産性を高めるためには、その組織のアウトプットとインプットの定義と、インプット最小化でのアウトプット最大化を目指すマネジメントサイクルが必要です。このサイクルを描き、運用するのは経営者をはじめとしたマネジメント層の責任です。
中小企業経営

第75回 人生100年時代の経営

経営の原点は、どうすれば従業員やお客様といった他人を幸せにすることができるかという考えです。 経営者の「経営哲学」をしっかりスタッフに植え付けて、組織の仕組みを整えたり、幹部候補生を育成したり、人生100年時代の経営も本質は同じです。
中小企業経営

第73回 【2000字commentary】事業計画に魂を入れよう!

不測事態、想定外の事象が発生する確率が高まっている現代の経営環境では、将来のあるべき姿、目指すべきゴールに向けて、より具体的な行動計画を5W1Hで策定し、小刻みにモニタリングし、見直しをかけながら進めていくことが環境変化に即応できる「強い組織」に繋がるのです。
タイトルとURLをコピーしました